K gaZe

 

b0135310_23205660.jpg

Nikon FM
Ai Nikkor 50mm/f1.4
TX



二眼レフっていう種類のカメラは、まだいくつか現行品もあるようなんだけど、基本的には「ノスタルジック」なものとして扱われているようだし、事実、世の中古カメラ店というような店に並べられているソレは、50年、それ以上前に作られたものも少なくない。

色々なメーカー(東京の下町の町工場だったり、チェコスロバキアだったり様々です)がバリエーションに富んだ製品(フラッグシップ、廉価版、入門機、変り種機etc...)を作ったものだから、やたらに種類が多い。
よく「AからZまで揃う」なんていわれるのは、ここらへんの理由があってのことだ。
(実際はいくつか抜けているんだけどね)



2年ほど前だったか、1台の二眼レフを買った。
50年以上前に作られた、オンボロローライコードⅤ。
コレを買うにあたり、「購入時の勢い」みたいなものは「静か」であり「力」があった。

縦も横も無い、正方形というフォーマットは、撮りたいものを素直に、構図というもので脚色せず、ド真ん中に持ってきて撮る(日の丸上等)ということが、そのとき抱えていたいくつかの稚拙な悩み事を吹き飛ばした。

そして1年後、「予定」通り、僕の元から離れることとなった。

どうやら、また会えるようだけど。
来年2月、新宿は曙橋で。



実は、あれからもう1台買ったんだけど、なんだか馴染まない。
あのオンボロが、僕には最高だったようだ。
こんなこと、今までないんだけどなぁ。
[PR]
by ape-limited | 2009-09-12 23:55 | Monochrome gaze