K gaZe

 

b0135310_20362553.jpg

去年の夏、自転車を買った。
「走る」ということに重点を置いた、タイヤの細い自転車。



ペダルを漕げば、チェーンを介してタイヤは回る。
上り坂ではペダルは重くなり、下り坂ではぐんぐん速度が上がる。
屈めば風の抵抗が少なくなり、スピードが伸びる。

だから、自転車に乗って走ると、その道がどういう道なのかがすぐ分かる。
エンジンは体だから、気温も、湿度も、日の光も分かる。

1+1が2であるような、単純明快な仕組みを持った乗り物。



そんな乗り物が、あんな複雑なメカニズムを持った自動車なんかと一緒の速度で走れちゃうっていうフシギ。
[PR]
by ape-limited | 2009-05-20 20:49 | Monochrome gaze