K gaZe

帰路

b0135310_18401527.jpg

外も暖かくなり、宿を出る。
ホームで飲み物を買い、列車に乗り込む。



4両編成のローカル線を走る古い列車は、ガタゴトと音をたてながら山沿いを走った。



記憶は断片的になっていくから、旅はいつも「要約」されていく。
でも、本当に大事なのは、「要約」されずに忘れられた部分ではないんじゃないかと思う。

それは文字で書くにはあっという間に通り過ぎていくものだから、僕は1/125のスピードで記録する「カメラ」を持つ。



(草津 fin.)
[PR]
by ape-limited | 2009-03-28 18:41 | Monochrome gaze | Comments(0)