K gaZe

blogを見て気づいたこと

写真・カメラ・レンズ関連のワードで検索をかける。
そうすると、かなりの頻度で誰彼が書き綴るblogにヒットすることがよくある。

そのblog先で気づいたこと。



ひょっとして僕は、世代的に最後期のモノクロフィルムユーザーであり、暗室ユーザーであるのではないか?



僕は部に所属して写真は撮っているが、カラーは殆ど撮らない。
キレイな色はステキだ。
だが、しっくりくるのは、あのシロとクロとグレーで表現される、モノクロフィルムの世界。

モノクロと親身に付き合おうとしなかったら、のびさん(さて、URL初公開で無断リンクだ)《http://www1.neweb.ne.jp/wa/nobuhiro/》に出会うことは無かったし、出会うことが無かったら僕はあの頃の僕のままで、今の僕はいない。
生活までかえるほどの衝撃だったのだから。

モノクロは、フトコロが深いのだ。



さて。
ここで問題となるのが、昨今のフィルム衰退。
米コダック社が昨年比で二倍の赤字を出していたり、フィルムカメラボディの中古価格が日ごとに下がっていったりと、暗い話ばかり。
逆にデジカメは飛ぶように売れるなど、もう明白。

自分は、この先どうするのか。
それは神のみぞ知ることであることは確かだが、きっとしばらくはフィルム、しかもモノクロを使い続ける。



「カラーからモノクロにすればいいじゃん」も、
「撮り直せばいいじゃん」も、
自分には許したくない。
甘んじたくない。

失敗があったから成功がある。
撮りなおせないから真剣になる。
利便性を必要としない撮り方ばかりしているのだから、撮り直しなんて関係無い。

画像がすぐに見られる安心よりも、この先50年残り続けるフィルムの安心。
真剣に撮る時、僕はそちらを優先する。



覚悟。
[PR]
by ape-limited | 2009-02-19 22:08 | Monochrome gaze